【日本一周補完の旅】2日目前半 大阪キタを歩く

電車日本一周補完の旅

2022年の3月、29日間の電車の旅をしました。

その2日目は1日大阪散策をしました。

今回は大阪のキタと呼ばれる梅田周辺とミナミと呼ばれる難波周辺、そしてその間にある名所を紹介しています。

このサイトでは訪れた場所を簡単に紹介していきますが、別館では更に詳しく解説しているので、興味のある場所があればそちらも是非ご覧ください。

スポンサーリンク

阪急中津駅周辺

2022年3月15日、旅の2日目は9時前にホテルを出て、まずは淀川を見に行きます。

ホテルのすぐ近くに中津商店街という、昭和の雰囲気が残る場所がありました。

通りを歩くと富島神社がありました。

朝から熱心に参拝している人がいて、地元の信仰を集めている神社です。

淀川を見に行きたかったのですが、残念ながら、河川工事をしています。

15分ほど川に並行して歩いてみましたが、ずっと工事のフェンスがあったので、諦めて次の予定に移動することにしました。

阪急の中津駅に行き、隣の大阪梅田駅に向かいます。

中津駅は大阪梅田駅の一つ隣の駅ですが、それにしては人があまりいません。

Wikipediaによると、1日の利用者は5,000人いるかどうからしいです。

ホームの幅が狭く、黄色い線の内側のスペースが全然なく、都会の近い駅にしては珍しいなと思いました。

大阪梅田

中津駅から電車に乗り、阪急の大阪梅田駅で降ります。

広い構内に同じ色の電車がたくさん並んでいて、いい光景です。

ここから宝塚、神戸三宮、京都河原町に向かう電車が出発しています。

改札を出て外に出ます。エスカレーターは立ち位置が東京とは逆です。

梅田周辺を少し歩いてみます。

梅田は元々は埋田と書かれていたようです。

この辺りは埋め立て地なので埋田と書かれていましたが、梅田の方が字面がいいということで、後に梅田となったのだそうです。

ここから20分ほど歩いて、日本一長い商店街に向かいます。

この辺りも大都会といった感じのない町並みです。

大阪くらしの今昔館

梅田駅から20分ほど歩いて日本一長い商店街、天神橋筋商店街にやって来ました。

その入口には大阪くらしの今昔館という資料館があります。

明治・大正・昭和の大阪の住まいと暮らしを、ジオラマと音声解説で説明している博物館です。

近代町屋、戦後のバス住宅、庶民の憧れの団地と、大阪に暮らす人たちがどのような住まいで暮らしたのかを、時代の流れに沿って解説しています。

大阪天満宮で行われる日本三大祭りの一つ天神祭のことや、大阪の文明開化の様子、通天閣ができた経緯も知ることができます。

訪れた時は、上の階が改修中でしたが、普段であれば9階で原寸大の江戸の町屋を歩くことができるのだそうです。

個人的には見ごたえのある、いい資料館でした。

日本一長い商店街、天神橋筋商店街

大阪くらしの今昔館を楽しんだ後は、日本一長い商店街を歩きます。

6丁目から1丁目までの約2.6kmの間に、600軒のお店が並びます。

地下鉄2区間の長さがあり、端から端まで歩くと20分ほどかかります。

紛らわしい表示のお店。滅茶苦茶安いと思ったら、小さく1個幾らと書かれていました。

昼からやっている居酒屋の看板が目に留まりました。

昨晩どて焼きを食べそびれたので、中に入りました。

ビール大瓶が400円と格安です(どて焼きにいてはこちらの記事もどうぞ)。

旅の序盤から、昼からお酒を飲むという全く緊張感のない旅ですが、商店街を歩きます。

3丁目

2丁目

3丁目・2丁目から人通りが増え、行列のお店も増えてきました。

近くには大阪天満宮があるようです。

下調べが間に合わず知りませんでしたが、大阪天満宮では7月に日本三大祭りの一つ、天神祭りが行われるようです。

この辺りは江戸時代に野菜や果物を扱う青物市が立ち、大変賑わった場所なのだそうです。

1丁目

大川・天神橋

日本一長い商店街を抜けると、天神橋を渡ります。

橋の下は中之島公園です。

右の方は、日本史の教科書に出てくる堂島米市場があった場所があります。

中之島公園は江戸時代の中期に埋め立てられて遊行地や景勝地とされた場所です。

今ではこの辺り一帯はオフィス街となっており、この公園は都会のオアシスとなっています。

緑の少ない大阪の貴重な場所に思えます。

そう思うと、昼寝をしている人の姿も微笑ましく感じられます。

天神橋の近くには常夜燈の碑があり、この地がかつて渡辺津(わたなべのつ)であったことを記しています。

熊野神社に参拝する人々はかつて、ここで舟を降りて、熊野古道へと向かっていったのでした。

大川の看板です。

大川は明治時代後半までは淀川の本流で、旧淀川と呼ばれています。

昔は現在よりも川幅があり、洪水や氾濫が多かった半面、水運が栄え、天下の台所大坂を支えた川なのです。

3月下旬の桜が咲く季節には、水上バスが運行されるようです。

天神橋から少し歩くと、大阪城が見えてきます。

広大で石垣の綺麗な名城です。

非常に興味はあるのですが、7年前の電車日本一周の旅で行ったので、今回は旅の行程から外しました。

現在の大阪城の天守閣は3代目で、秀吉の時とは違う場所に建てられています。石垣にも見どころがあるようで、気になるのですが、時間がないので素通りします。

大阪歴史博物館

そして大阪歴史博物館へ。

古代から現在に至る大阪の歴史を分かりやすく解説している博物館です。

エレベーターで10階に上がると、古代の世界が広がります。

奈良時代にあった難波宮(なにわのみや)を原寸大で復元しています。

館内から宮殿があった面影を見ることができます。

10階のエスカレーター乗場からは大阪城も観ることができます。

反射してしまうので撮影には向いていませんが、この位置は綺麗な大阪城を観れるいい場所です。

9階は石山本願寺の大坂と江戸時代の大坂の展示です。

2.7分の1の大きさで復元された橋。大阪では江戸と違い、町人により橋が架けられることが多かったのです。

浄瑠璃をはじめとした芸能文化も盛んに発達しました。

歌舞伎の上演のジオラマ

町人の住む長屋の町屋と蔵のジオラマ

8階は考古学の説明で

7階は明治維新後の大阪の発展を伝える展示です。

重工業が成長し東洋のマンチェスターと呼ばれるようになった大正末期から昭和初期の時代の町並みを紹介しています。

博物館で知ったことは別館で紹介しますが、こちらも見ごたえのある、いい博物館でした。

1時間くらいしか居れませんでしたが、3時間くらいかけてゆっくり観たい場所でした。

博物館を出た後は、地下鉄の谷町四丁目駅から四天王寺に向かいます。

後半に続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました