【電車日本一周補完の旅】1日目前半 水の都大垣散策

電車日本一周補完の旅
スポンサーリンク

旅の簡単な説明

2022年3月13日(日)、29日間の電車の長旅に出かけました。

旅の目的は以前(2015年の夏)電車日本一周をした時に回れなかった場所に行くことで、京都の東舞鶴と福井の敦賀間、富山駅と新潟駅の間、北海道の網走・旭川・稚内に行きました。

これは前回の旅のルートですが、このくぼんだ所と北海道の上の辺りを行きます。

今回の旅のルート

当初は29日間ずっと旅をする予定でしたが、急遽コロナワクチンの接種が前倒しになったため、旅を中断することになりました。

ワクチンを打つまでの9日間は大阪・奈良・京都へ行き、そのついでに岐阜や滋賀も散策し、ワクチンを打って数日休んだ後に20日間、北陸・北海道を移動する長旅をしました。

ブログの記事とYouTubeの動画投稿を並行しているので更新が大分遅いですが、今回から29回にわたり旅の様子を紹介していきたいと思います。

東京から大垣へ

さて、1日目は早朝から新宿駅を出発して岐阜県に向かいます。

青春18きっぷを使っての移動です。

この日は日曜日ということもあり、通勤ラッシュに遭わずに済みましたが、大垣に着くまでは乗換がハードでした。

乗換時間が1、2分で階段を上って別のホームに移動しなければならず緊張したのと、車内にトイレがないので水分をとらないように気を遣ったのが、気持ちの面で疲れました。

掛川で10分間時間がありますが、車両が短く席が少ないのでトイレに行っていると席が埋まってしまいます。座席を確保するためにトイレに行けませんでした。

小田原を過ぎて根府川駅に向かう辺りで、車内から海が見えます。

あいにくの天気でしたが、晴れた日はとても綺麗です。

名古屋駅を出ると、木曾川を渡ります。

大垣に向かう途中、長良川と揖斐川の木曾三川を渡りますが、これからこの川に関する資料館に向かいます。

大垣散策 輪中館へ

13時前に大垣駅に到着です。

まずはお昼ご飯を食べます。

駅の近くにある蕎麦屋、駅前さらしなで釜あげそばを注文しました。

こちらで詳しく紹介しています)

お店の井戸水で調理したお蕎麦です。

大垣は水の都といわれるほど水の豊富な土地で、地下水(湧き水)が豊富です。

そんな大垣らしさを味わえる一品でした。

季節外れでまだ売っていませんでしたが、隣の金蝶園(きんちょうえん)総本家では4月から名物の水まんじゅうが販売されます。

食事の後は、養老鉄道に乗り換えて友江駅に行きます。

自転車の乗り入れができる路線です。

友江駅で降りて、輪中館という博物館に入ります。

こちらは輪中の生活を解説している博物館です。

輪中とは、家や集落の周りの土を掘り、それを堤防にして洪水に対処している場所のことをいいます。

大垣では昔から洪水が頻繁に起きました。

こちらの資料館では、洪水と向き合いながら生きてきた大垣の歴史を紹介しています。

入館料は無料です。

館内は撮影できますが、個人で楽しむ範囲で、とのことでしたので、残念ながらサイトではご紹介できません。

主な展示内容はこのようになっています(輪中館HPより)。

  • 空中から見る大垣輪中
  • 輪中をとりまく地形と気象
  • 輪中独特の民家のつくりを再現
  • 明治期の十六輪中の精密模型
  • 水防工法のミニチュアと水防資材
  • 輪中の整備に努めた人々
  • 江戸・明治期の治水関係資料
  • 農具・漁具に見る輪中の知恵
  • ジオラマとビデオによる輪中景観の紹介

最低でも500円くらいは払ってもいいくらいの、見ごたえのある展示内容でした。

無料で、しかも持ち帰れる資料もあるので、昔の生活や風習に興味のある人にはおすすめです。

詳しくは別館で紹介しています。

そして数分歩いた所には、輪中生活館という別の資料館があります。

こちらも無料です。

こちらは実際に輪中の建物を見学できます。写真・動画の撮影も可です。

写真をブログに載せる許可もいただけました。

上げ舟

昔は洪水が起きた時に避難できるように、こうして家の中や軒下に舟を吊るしていました。

構堀(かまえぼり)

家の周りの土を盛って周囲よりも高くしています。このように土塁の輪の中に家があるので「輪中」と呼ばれました。

水屋(左の一段高くなっている建物)

輪中の中にも水が流れてきたらこの水屋に避難し、それでも駄目なら舟に乗って避難するという生活をしていたことが分かります。

大垣駅から少し離れていますが、友江駅には2つの輪中に関する資料館があり、しかもどちらも無料です。

個人的には充実した時間を過ごせました。

詳しく知りたい方はこちらの別館の記事をどうぞ。

後半へ続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました