【まとめ】旅をして大変だったこと

日本一周まとめ

52日間の電車日本一周の旅をして、いろいろな体験をすることができました。良かったこともそうでなかったことも沢山ありましたが、今回は旅で大変だったことを書いていきたいと思います。

下調べが大変
一番大変だったことは、下調べです。これに尽きます。とにかく時間がかかりました。

何を調べるのにそんなに時間を使うのかというと、一番は泊まる場所です。ネットカフェのある駅を探す訳ですが、ネットカフェが数店舗ある駅を探さないといけません。泊まろうとしていたお店が閉店していても別の店に移動できるように、もう一店舗抑えます。少なくても2店舗ネットカフェがある駅を宿泊地として決めなければいけません。

ネットカフェを見つけたら、今度は営業しているかどうか調べます。この記事を書いている2020年現在では、お店の閉店情報はすぐサイトに反映されますが、2015年当時は閉店していても営業していることになっていることが結構ありました。あるサイトでは閉店となっているのに、別のサイトでは営業していることになっている、なんてことがあり、その店の営業状態を調べるのに少なくとも二つのサイトを見て確認したので、時間がかかりました。

そして宿泊地が決まれば、今度はそれに収まるように旅の行程を決めていきます。城を観に行くのなら、駅からのアクセス時間と見学の所要時間、場合によってはバスの乗り換え時間などを調べます。1日に観て回れる数は限られているので、大抵は予定よりも行きたい場所を削ることになります。自分の場合は博物館や資料館に行くことが多かったので、朝は9時から夕方は18時までの営業が多く、1日のうち旅に使える時間は少ないものだと感じました。

それに、旅の行程から外したくない場所が休館日なら、また予定を組み直さないといけなくなります。

また、1日の行程では最低でもプランAとプランBの2つのプランを用意しました。乗り換えに失敗した時のためです。道に迷ったり失くしものをしたり、電車やバスが遅延して乗り換えが予定通りいかなかった時に、何もない田舎の駅で路頭に迷うことがないように、別の予定を用意していました。

バスに乗り遅れたり電車の乗り換えに失敗したら、ここに行くのをやめてここに行こうとか、電車が台風で止まったらここで宿泊しようとか、できる限りいろいろな選択肢を用意しました。

そんな感じで、旅の予定を決めるのにまず大雑把な旅程を決めて、それから細かいものを決めていきます。自分の場合は定期的に家に帰らないといけない事情があったので、旅を三回に分けました。1回の旅で行ける日数が決まっていたので、その日にちに収まるように行きたい場所を削ったり、付け足したりしました。

旅の予定を組む時にやはりネックになるのが、ネットカフェです。調べてみたらシャワーがないなんてことがある訳です。そんな時は近くに銭湯がないか調べるのですが、このご時世、銭湯が駅の近くあるなんてことはなかなかないものです。そうなると別の場所で泊まらなくてはならなくなり、予定をまた組み直します。

ちなみに行きたいところは調べれば調べるほど出てくるもので、キリがありませんでした。調べては電車で行けるとこなのか調べて、アクセスが悪いと断念して他をあたり、と時間はいくらあっても足りませんでした。

予定を修正する
調べている内に旅の日になり、結局はなるようにしかならないと出かける羽目になります。準備した予定を掲げて旅に出るものの、予定通りにいかないことはやはり出てくるものです。

天候によって予定を変える、道に迷う、予定よりも目的地に着くのに時間がかかる、ネットカフェでシャワーに入れない、コインランドリーや食事を予定していた店が潰れている、体調を崩す、なんてことがありました。

天候や道に迷うのは想定内なので割り切りやすいのですが、歩いてみたら予定よりも時間がかかるのは、始めの方はかなり苛々しました。徒歩経路で所要時間を調べても、それが正しくないこともあります。これも今(2020年)ならほとんどありません。当時の徒歩ルートを調べて直してみると、誤差がほとんどありませんでした。2015年の頃はそうではなく、結構予定が狂いました。

歩いて観光地に行く場合、歩いて何分かかるか調べて予定を組みます。30分で着く予定なのに実際歩いたら50分かかってしまったなんてことは珍しくもなく、観光地を急ぎ足で通過する羽目になるとやりきれなくなります。

また、ネカフェで入店してから、シャワーが使えないと分かるのも結構精神的に辛いです。下調べの時にシャワーが使えるとサイトに載っていたからその店を選んだのに、いつの間にかシャワーのサービスが終了していることもありました(近々閉店するからシャワーを辞めたという店もありました)。真夏に電車で移動するわけですから、翌日の夜までシャワーに入れないとなると気持の面でかなり参ります。都心ならネットカフェでも銭湯でもシャワーを借りればいいですが、地方に行けば簡単にシャワーなんて見つかりません。

閉店
同様にうんざりしたのが、コインランドリーや食事を予定していた場所が閉店しているケースです。食事はまだコンビニで食べたり、ネカフェで食べれば済みますが、コインランドリーは予定していた日に洗濯できないと、次に洗うのは3日後になります。それまで一度着たものを…となってしまいます。
駅前にあるならまだしも、駅から30分以上歩いて辿り着いた場所にコインランドリーが跡形もなく別の建物になっていた時は、さすがにやり切れなくなりビールを買って飲みながら別の所に行きました。その時はコインランドリーが2カ所ある駅を探していたので良かったのですが。

食事処はまだしも、コインランドリーなんて潰れてもネットでいちいち更新なんてされない時代だったので、閉店していることが珍しくありませんでした。基本的に地元の人が使うもので、地元の人が知っていればいいわけですから、いちいち閉店しましたなんて更新されなくても仕方がないですし。

体調を崩す
また、体調を崩すことも数回ありました。想定内でしたが、やはり理由によってはやりきれなくなります。自分の体力がなかったりいつの間にか風を引いたり、酒を飲んで薄着でその辺で寝てしまった、といった自分の不注意なら仕方のないことです。ですが、泊まったネットカフェで目が覚めたらいつの間にか冷房がガンガンになっていて風邪を引いた時は、やりきれない思いでした。普段滅多なことでは体調を崩さなだけに、そういうことがあるとうんざりしました。

そんなこんなで、旅をしていると、いろいろなことが起こります。そして旅を続けていくうちに、いろいろな可能性を考慮して更に調べるようになります。そういった理由で、時間がいくらあっても、足りませんでした。

旅を始める前は、当然そんなに時間がかかるものだとは思ってもいませんでした。もっと車内で車窓を楽しむつもりでしたし、日記にその日の出来事を細かく書くつもりでした。本も1日1冊くらいは読めるものだと思っていました。しかし、実際に旅をしてみると、下調べの大変さを痛感する羽目になりました。

これもネットカフェで泊まる旅にしたからです。ビジホに宿泊していればもっと快適な旅ができたのですが、当時はネットカフェにこだわりました。

以上、旅をしてみて大変だったことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました